2024年の縁起の良い日を確認 →クリック

巳の日は買い物◎やってはいけないこと、やるといいことを紹介!

    芸術の神として知られている弁財天と結びつきが強い巳の日。運気上昇に加え金運がアップする日としても知られています。

    当記事で分かることは…

    • 巳の日とは?
    • 巳の日の由来
    • 巳の日にやるといいこと
    • 巳の日にやってはいけないこと

    さらに、巳の日よりももっと大きな金運アップ効果が見込める「己巳の日」についても紹介いたします。

    目次

    巳の日とは

    巳(み)は蛇(ヘビ)のことを指しています。十二支の巳にあたる日のことであり、干支の蛇が割り当てられた日を巳の日(みのひ)と言います。

    蛇は縁起のよい生物としてさまざまな神社まどで祀られており、七福神の弁財天のつかいとされています。

    もともと日本では白蛇信仰というのが地方にも根付いており、蛇は幸運を招いてくれるといわれております。地域にもよりますが、白蛇様と見立てた白い糸を財布の中に入れると金運が上昇すると伝えられています。

    巳と弁財天との繋がり

    巳の日は買い物◎やってはいけないこと、やるといいことを紹介!

    弁財天の頭にヘビがいる姿を、みなさまも見たこともありますよね?

    弁財天は、学力・学問・芸術・芸能・勝負事など、様々な分野での運気を上げる神様といわれています。そして、財運をアップさせる力も持っています。そんな弁財天とのつながりが強いのが巳の日です。

    巳の日の訪れるサイクル

    巳の日は12日間に1回訪れます。

    巳の日のやるといいこと

    やるとよいこと。

    神社の参拝をする

    弁財天を祀っている神社は、日本全国に沢山あります。

    巳の日には、弁財天を祀っている神社を参拝することがよい行いとされています。有名な神社を例に挙げると、広島の厳島神社、また神奈川県の江島神社などがあります。多くの著名人が巳の日に神社を参拝しているそうです。

    才能を開花させる

    弁財天は芸術・芸能に関係する神であるため、自身の才能を開花させるきっかけになるかもしれません。身近なところでいうと転職。または展示会の開催や、発表会の申し込みなどもこの日に合わせて行うとよいです。

    財布を買い替える

    寅の日に比べ、巳の日はより金運をアップさせる力が強い日です。巳の日に新しい財布に買い替えたり、新しい財布を使い始めることで金運アップが見込めます。

    財布を購入する際は、金色がよいとされ、さらにヘビの抜け殻を財布の中に入れると金運がアップするといわれています。

    一粒万倍日や寅の日など、他の開運日と合わさった日に購入するとさらにGOOD!

    お金を洗うと財運がさらにアップ

    巳の日にさらなる金運アップを目指したい!という方にオススメしたいのが、一万円札を神社で洗い清める「銭洗い」です。弁財天はもともと水から生まれた神様で、水との関係がとても密接で関係が深いものなので、銭洗いはすごく縁起がよいとされている行為なのです。

    “銭洗い神社”と呼ばれている神社で銭洗いができます。清めた1万円は種銭(たねせん)と呼び、この種銭を財布に入れることによって大きな金運がやってくるといわれています。

    ぜひお試しあれ!

    巳の日に宝くじを購入する

    白へびや黄へび(金へび)は幸運と財運の使いともされていまうので、巳の日は宝くじ購入のにはもってこいのチャンス日となります。

    巳の日にやってはいけないこと

    やってはいけないこと。

    巳の日にやってはいけないことは特にないです。
    普段と変わらずで大丈夫ですが、金運が上がる日に金運が下がる行動はNGです。大きな支出などには気を付けましょう。

    また、”お金がない”が口癖になっていると本当に金運が下がってしまいますので、あまり口に出さないほうがいいです。言い続けるとお金がない状態を保つことになってしまいます。

    己巳の日とは

    己巳の日は60日に1度やってくる日で、”つちのとみのひ”と読みます。

    巳の日と、十二支である十干(天干)の「己」が重なる日を己巳の日といいます。60日に1回しか訪れない日なので、巳の日に比べて縁起が良く格段に金運がアップする日となります!

    日本三大弁財天(宝厳寺|江島神社|厳島神社)をはじめ弁財天を祀っている神社・お寺では縁日を行い、まさにお祭り騒ぎになります。1月はじめての巳の日(初巳)では巳成金(みなるきん)という開運お守りを出してくださる場所もあります。

    2024年の巳の日

    2024年の巳の日を一覧化しましたのでご確認ください。

    1月6日(土)、18日(木)、30日(火)
    2月11日(日)、23日(金)
    3月6日(水)、18日(月)、30日(土)
    4月11日(木)、23日(火)
    5月5日(日)、17日(金)、29日(水)
    6月10日(月)、22日(土)
    7月4日(木)、16日(火)、28日(日)
    8月9日(金)、21日(水)
    9月2日(月)、13日(土)、25日(木)
    10月8日(火)、20日(日)
    11月1日(金)、13日(水)、25日(月)
    12月7日(土)、19日(木)、31日(火)
    ※赤字は己巳の日

    覚えておきたいその他の吉日

    天赦日

    天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)は「天が万物の罪を許し、あらゆる障害が取り除かれる日」として、日本の暦の上では最高の吉日と言われています。1年に5~6回しかありませんが、一粒万倍日同様、新しいことを始めるのに最適な日とされ、仕事始めや結婚、お財布の新調・使い始めなどにおすすめです。

    さらに、一粒万倍日と重なると相乗効果で「最強の開運日」になるため、ぜひチェックしてみてください。

    一粒万倍日

    一粒万倍日は、日本の暦に古くからある吉日の一つです。この言葉が意味するところは「種籾(たねもみ)一粒から一本のイネができ、このイネから万倍もの数のお米が穫れること」。すなわち「わずかなものが飛躍的に増えること」。この日に始めたことは、やがて大きな成果を上げると考えられることから、一粒万倍日は「何かを始めるのに最適な日」とされています。

    寅の日

    寅(とら)の日は、「金運招来日」とも言われ、特に金運に縁のある吉日とされています。寅は一日で千里の道を往復できる、という云われが転じて、「出したお金がすぐ戻ってくる」日と考えられているためです。お財布の新調や使いはじめ、宝くじ購入、貯金などお金に関することに向いているでしょう。寅の日は干支(えと)をもとに12日ごとにめぐってきます。

    巳の日・己巳の日

    巳(み)の日は、寅の日と同じく十二支にまつわる吉日で、12日に1度訪れます。蛇は金運・芸術をつかさどる弁財天という神様の使いのため、金運が気になる人はこの日にお金や財産に関係することを行うとよいとされています。お財布の新調や銀行口座開設などをするとよいでしょう。

    巳の日に十干の「己(つちのと)」が重なる己巳の日(つちみのひ)は60日に一度しかめぐってこず、特に縁起がよいとされています。

    大安・友引

    大安(たいあん)・友引(ともびき)は日にちの吉凶を占う六曜の吉日で、6日に1回めぐってきます。大安は「大いに安し(やってはいけないことがない)」という意味で、六曜の中では最も縁起がよく、冠婚葬祭におすすめの日です。

    一方友引は「引き分け」を意味し、朝晩が吉、昼は凶とされています。「友を引く」という意味から、慶事には適しているものの、葬儀などの弔事は避けた方が無難でしょう。

    大明日

    大明日(だいみょうにち)とは歴注の1つで、「天地が開け、太陽の光が隅々まで照らす」という意味を持つ吉日です。引っ越し・旅行など移動にまつわることや、建築・普請を行うのに縁起がよい日とされています。月に8~16日ほどあるため、レア度は低めでしょう。

    母倉日

    母倉日(ぼそうにち)とは、大明日と同じ歴注の1つで、「母が子に対してするように、天が人を慈しみ育む」日とされています。特に入籍や結婚といった婚姻にまつわることや、引っ越しなどに適した吉日です。月に4~5回あります。

    神吉日

    神吉日(かみよしび)は、最も回数が多い吉日で、月の半分以上が該当します。神事にまつわることを行うのに適した日とされており、たとえばお墓参りや神社への参拝、祭祀を行うのに適しているでしょう。

    天一天上

    天一天上(てんいちてんじょう)は、癸巳(みずのとみ)の日~戊申(つちのえさる)の日の16日間を指し、1年に6回めぐってきます。方角をつかさどる天一神が天上に帰るため、方角の禁忌がなくなるとされています。旅行やお出かけ、引っ越しなどに縁起のよい期間です。

    鬼宿日

    鬼宿日(きしゅくび)は、月が地球を1周する間に通過する28個の星座をもとに吉凶を占う二十八宿の中で、最も縁起がよいとされている吉日です。「鬼が宿(家)にいるため邪魔が入らない」日とされ、婚姻以外であれば何事もうまくいくと言われています。

    天恩日

    天恩日(てんおんにち)は、「全ての人が天からの恩恵を受けられる」とされ、5日間続きます。慶事全般や旅行・引っ越しなどを行うのに縁起のよい期間ですが、凶事に用いてはならないとされるため注意しましょう。天恩日は、年に90日ほどあります。

    月徳日

    月徳日(つきとくにち/がっとくにち)は、その月の神様がいる日のことで、「全てのことに支障がない」吉日です。特に、リフォームや不動産契約を行うと縁起がよいとされています。月に2~4日の頻度で巡ってきます。

    2024年吉日カレンダー

    考え方を変えるだけで、あっという間に開運体質に生まれ変わります。
    ¥1,650 (2024/07/23 09:38時点 | 楽天市場調べ)

    不成就日に注意!!

    様々な吉日がある一方で、縁起が悪いとされている日もあるため注意しましょう。不成就日とは、文字どおり、何事も成就しない、願い事がかなわない日とされています。

    結婚や入籍などの慶事、開業、習い事、新築工事、お財布の新調など、何かを始める場合、不成就日を避けた方がよいでしょう。不成就日は8日ごとに訪れ、月に3~5日あります

    巳の日を知りよい時を過ごそう

    暦のうえでは、昔から吉日・凶日が存在します。一番みなさんに身近なもので「大安」や「仏滅」などと思いますので、それ以外に沢山の吉日・凶日が存在します。

    みなさまも何か節目を迎える時は、これらをちょっとだけ意識して行動すると、良き方向に流れが向き、より充実した時間を過ごすことができると思いますのでご参考にしてみてください♪

    目次