2024年の縁起の良い日を確認 →クリック

鬼宿日とは。やってはいけないことや過ごし方を紹介。結婚・引っ越し・宝くじ購入はOK?

    その日の吉兆を表すものとして今でも利用されている代表的なものが六曜ですが、それ以外にもその日の吉兆を表すものとして二十八宿のような中国の天文学や占星術からきている「鬼宿日」というものもいます。

    当記事で分かることは…

    • 鬼宿日とは?
    • 鬼宿日の由来
    • 鬼宿日はいつ?
    • 鬼宿日にやるとよいこと
    • 鬼宿日にやってはいけないこと

    当記事では、このちょっとマイナーになってしまっている鬼宿日とはどのような意味や由来があるのか紹介していきます。

    パッと見だと、”鬼”という文字が入っているので、吉日なのか凶日なのかもよくわからないですよね。

    目次

    鬼宿日とは?

    鬼宿日とは。やってはいけないことや過ごし方を紹介。結婚・引っ越し・宝くじ購入はOK?

    鬼宿日は”きしゅくにち”、”きしゅくび”と読みます。

    鬼宿は和名で魂緒の星(たまおのほし)や魂讚星(たまほめぼし)とされているので、この和名の読み方をすることもあるようです。
    「鬼宿」と記載して「たまおの」とか「たまほめ」と読むケースもあるということになります。こちらの読み方はかなり独特なので、ストレートに「きしゅく」と覚えておけば問題ないでしょう。そこまで読み方は難しくはないのですが、スマートフォンやパソコンの単語帳には登録されていないことが多い言葉なので、入力しても出てこない可能性が高いです。

    鬼宿日とは、鬼が宿にいて外出しない日であり、鬼に邪魔されること無く行動できる吉日です。

    「鬼が宿る」と記載するので、意味を知らない人からするとなんとなく不吉に感じてしまいますが、鬼が宿にこもっていることで行動しないから、人間にとってはプラスになる日になります。

    鬼宿日の由来

    鬼宿日は、地球から見た天体の位置や動きを表す「天球」という考え方を元にした「二十八宿」という古代中国の天文学・占星術で用いられたものが基本となっており、江戸時代の日本でも流行して庶民の方々にも吉日として広まったという経緯があります。

    また、一説には「お釈迦様が生まれた日」という逸話があり、その逸話も含めて二十八宿の中では最上級の吉日という扱いをされています。

    紀元前1046年から紀元前256年まで存在していた中国「周」の時代に誕生してインドに伝わり、インドにおいての吉兆を知るための考え方として取り入れられたものだったのですが、そこで進化したモノが約1000年後の唐の時代に逆輸入され、そこから日本に伝わったと言われております。

    鬼宿日は縁起がいい?

    日本では妖怪としてのイメージが強く、日本昔話における「桃太郎」によってそのイメージが多くの方々に固定された「鬼」は「悪い物」「恐ろしい物」の代名詞として用いられることが非常に多く、一般的には「邪悪なモノ」や「危険なモノ」や「人類に害するモノ」ととらえられております。

    それ以外にも畏敬の念でとらえているケースがありますが、幸福をもたらすモノというよりは厄災をもたらすモノと多くの方々がとらえられています。

    そんな鬼という単語が入っているだけでなんとなく不吉なイメージを持ってしまいがちですが、鬼宿日は「鬼が宿から出ない日」であり吉日なのです。また、お釈迦様が生まれた日という逸話もあるのが鬼宿日なので、二十八宿における最も吉な日となっています。

    鬼宿日はいつ?

    2024年の鬼宿日や、吉日・凶日すべてをこちらの記事にまとめていますのでご覧ください。

    鬼宿日にやるとよいこと

    やるとよいこと。

    鬼宿日は鬼から邪魔されない日です。

    なので、自分がやりたいことをおもいっきりやりましょう!

    やるとよいことの例を挙げますね。

    • 引っ越し
    • 宝くじを買う
    • 財布の買い替え
    • お寺の参拝

    鬼宿日にやってはいけないこと

    やってはいけないこと。

    あらゆる事に吉日とされえいる鬼宿日ですが結婚はNGとされているようです。

    本来なら「宿に鬼がこもるから吉日」とされているのですが、結婚をする場合は「家の中にこもっている鬼と家の中に入る嫁が鉢合わせすること日」という解釈になるようでNGとされてしまうようです。

    ここから解釈が広がったのか、恋愛面においてもNGという考え方もあるので、恋愛や結婚とは相性が悪い日と考えた方がよいかもしれません。

    ※鬼宿日を気にせず結婚した人もいらっしゃいます。

    鬼宿日と二十八宿との関係

    鬼宿日とは冒頭でお伝えした通り、インドや中国で発展した天文学や占星術における二十八宿の一つです。

    東方の青龍・北方の玄武・西方の白虎・南方の朱雀という東西南北を聖獣が守護している中で、鬼宿日は南方の朱雀の方角に存在しており南の二十八宿となっております。

    覚えておきたいその他の吉日

    天赦日

    天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)は「天が万物の罪を許し、あらゆる障害が取り除かれる日」として、日本の暦の上では最高の吉日と言われています。1年に5~6回しかありませんが、一粒万倍日同様、新しいことを始めるのに最適な日とされ、仕事始めや結婚、お財布の新調・使い始めなどにおすすめです。

    さらに、一粒万倍日と重なると相乗効果で「最強の開運日」になるため、ぜひチェックしてみてください。

    一粒万倍日

    一粒万倍日は、日本の暦に古くからある吉日の一つです。この言葉が意味するところは「種籾(たねもみ)一粒から一本のイネができ、このイネから万倍もの数のお米が穫れること」。すなわち「わずかなものが飛躍的に増えること」。この日に始めたことは、やがて大きな成果を上げると考えられることから、一粒万倍日は「何かを始めるのに最適な日」とされています。

    寅の日

    寅(とら)の日は、「金運招来日」とも言われ、特に金運に縁のある吉日とされています。寅は一日で千里の道を往復できる、という云われが転じて、「出したお金がすぐ戻ってくる」日と考えられているためです。お財布の新調や使いはじめ、宝くじ購入、貯金などお金に関することに向いているでしょう。寅の日は干支(えと)をもとに12日ごとにめぐってきます。

    巳の日・己巳の日

    巳(み)の日は、寅の日と同じく十二支にまつわる吉日で、12日に1度訪れます。蛇は金運・芸術をつかさどる弁財天という神様の使いのため、金運が気になる人はこの日にお金や財産に関係することを行うとよいとされています。お財布の新調や銀行口座開設などをするとよいでしょう。

    巳の日に十干の「己(つちのと)」が重なる己巳の日(つちみのひ)は60日に一度しかめぐってこず、特に縁起がよいとされています。

    大安・友引

    大安(たいあん)・友引(ともびき)は日にちの吉凶を占う六曜の吉日で、6日に1回めぐってきます。大安は「大いに安し(やってはいけないことがない)」という意味で、六曜の中では最も縁起がよく、冠婚葬祭におすすめの日です。

    一方友引は「引き分け」を意味し、朝晩が吉、昼は凶とされています。「友を引く」という意味から、慶事には適しているものの、葬儀などの弔事は避けた方が無難でしょう。

    大明日

    大明日(だいみょうにち)とは歴注の1つで、「天地が開け、太陽の光が隅々まで照らす」という意味を持つ吉日です。引っ越し・旅行など移動にまつわることや、建築・普請を行うのに縁起がよい日とされています。月に8~16日ほどあるため、レア度は低めでしょう。

    母倉日

    母倉日(ぼそうにち)とは、大明日と同じ歴注の1つで、「母が子に対してするように、天が人を慈しみ育む」日とされています。特に入籍や結婚といった婚姻にまつわることや、引っ越しなどに適した吉日です。月に4~5回あります。

    神吉日

    神吉日(かみよしび)は、最も回数が多い吉日で、月の半分以上が該当します。神事にまつわることを行うのに適した日とされており、たとえばお墓参りや神社への参拝、祭祀を行うのに適しているでしょう。

    天一天上

    天一天上(てんいちてんじょう)は、癸巳(みずのとみ)の日~戊申(つちのえさる)の日の16日間を指し、1年に6回めぐってきます。方角をつかさどる天一神が天上に帰るため、方角の禁忌がなくなるとされています。旅行やお出かけ、引っ越しなどに縁起のよい期間です。

    鬼宿日

    鬼宿日(きしゅくび)は、月が地球を1周する間に通過する28個の星座をもとに吉凶を占う二十八宿の中で、最も縁起がよいとされている吉日です。「鬼が宿(家)にいるため邪魔が入らない」日とされ、婚姻以外であれば何事もうまくいくと言われています。

    天恩日

    天恩日(てんおんにち)は、「全ての人が天からの恩恵を受けられる」とされ、5日間続きます。慶事全般や旅行・引っ越しなどを行うのに縁起のよい期間ですが、凶事に用いてはならないとされるため注意しましょう。天恩日は、年に90日ほどあります。

    月徳日

    月徳日(つきとくにち/がっとくにち)は、その月の神様がいる日のことで、「全てのことに支障がない」吉日です。特に、リフォームや不動産契約を行うと縁起がよいとされています。月に2~4日の頻度で巡ってきます。

    2024年吉日カレンダー

    考え方を変えるだけで、あっという間に開運体質に生まれ変わります。
    ¥1,650 (2024/07/23 09:38時点 | 楽天市場調べ)

    不成就日に注意!!

    様々な吉日がある一方で、縁起が悪いとされている日もあるため注意しましょう。不成就日とは、文字どおり、何事も成就しない、願い事がかなわない日とされています。

    結婚や入籍などの慶事、開業、習い事、新築工事、お財布の新調など、何かを始める場合、不成就日を避けた方がよいでしょう。不成就日は8日ごとに訪れ、月に3~5日あります。

    鬼宿日を知りよい時を過ごそう

    暦のうえでは昔から吉日・凶日が存在します。一番みなさんに身近なもので「大安」や「仏滅」などと思いますので、それ以外に沢山の吉日・凶日が存在します。

    みなさまも何か節目を迎える時は、これらをちょっとだけ意識して行動すると、良き方向に流れが向き、より充実した時間を過ごすことができると思いますのでご参考にしてみてください♪

    目次