2024年の縁起の良い日を確認 →クリック

大日如来は何の神様?ご利益や真言の唱え方、仏像が祀られる有名な神社・お寺も合わせて紹介。

    大日如来ってあまり聞いたことないですよね?

    当記事をご覧いただければサクサクっと、下記のことが分かります。

    • 大日如来とは?
    • 大日如来のご利益
    • 大日如来が守護本尊の生まれ年
    • 大日如来の特徴
    • 大日如来が祀られている有名な寺院
    • 大日如来の真言

    当記事をご覧いただき、大日如来についてご理解を深めていただければ幸いです。

    目次

    大日如来とは?

    大日如来は”だいにちにょらい”と読みます。

    大日如来は、万物の慈母であるとともに宇宙の中心であり、宇宙の真理そのものであるとされています。

    「密教」の最高の位にいる仏様です。

    密教(みっきょう)とは
    空海と最澄によって中国から伝えられた仏教の一流派です。大日如来を本尊として深遠な秘密の教えを持ち、加持や祈祷を重んじます。国内で代表的な密教は真言宗です。

    大日如来のご利益

    大日如来のご利益は願望成就です。

    大日如来の真言を唱えれば、神様が天地を創造するかのごとく、あらゆる願いを叶えることができるといわれております。

    大日如来が守護本尊の生まれ年

    未(ひつじ)・申(さる)年の守護本尊です。
    未(ひつじ)・申(さる)年生まれの人の開運、厄除け、祈願成就を助けるとされます。

    大日如来の特徴

    大日如来は、如来としては珍しくイヤリングなど装飾品を身につけています。さまざまな仏に姿を変え人々を救う大日如来の特性を象徴する点の一つです。

    修行中の菩薩か、すでに悟りを開いた如来かの違いが表れています。

    また、大日如来の台座は蓮華座です。獅子座の場合もあります。

    蓮華座とは
    あぐらをかき両足の裏を上に向け座っている姿です。また、仏像を安置する台座の一種で蓮華を象ったものになります。
    獅子座とは
    仏を尊ぶ人々を獅子と称している場合が多いため、仏や高徳な人の座る場所を獅子座と呼んでいました。また、獅子の姿を彫刻した台座を意味しています。

    なかには、左右のひじを胸の前で曲げ左手の人差し指を立てて右手の拳で包み込む独特のポーズをしている大日如来も存在します。

    大日如来の木彫り仏像をネット検索したら、一番高価なもので下記がヒットしました!!(…お高い、どんな方が購入されるのか気になります)

    仏壇 盆提灯 数珠の仏壇屋滝田商店
    ¥1,732,500 (2024/07/19 17:16時点 | 楽天市場調べ)

    大日如来が祀られている有名な寺院

    国内でも多くの寺院に祀られている大日如来像。

    大日如来が祀られている有名な寺院を紹介します。

    京都府の大日如来

    京都市の南区九条町にある東寺(とうじ)。

    東寺には『立体曼荼羅』という国宝に指定された仏像が祀られており、1994年に「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。

    立体曼荼羅は、視覚的に密教の教えを表した二十一尊の仏像群です。大日如来を中心に阿弥陀如来や不動明王も周囲にいます。

    世界遺産 東寺 公式サイト
    https://toji.or.jp/

    奈良県の大日如来その1

    奈良市にある円成寺(えんじょうじ)。

    円成寺には平安〜鎌倉時代に活躍した仏師の運慶(うんけい)が制作した、国宝:大日如来坐像が祀られている寺院です。

    大日如来坐像は凛とした佇まいと神秘的な雰囲気があり、木造で現存していることが奇跡的な仏像です。

    円成寺
    http://www.enjyouji.jp/

    奈良県の大日如来その2

    奈良県の東大寺(とうだいじ)。

    東大寺には「東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)」があります。おそらく誰もが知っている日本で一番有名な大仏様です。

    盧遮那仏はサンスクリット語で「ヴァイローチャナ」といい、大日如来と同一と扱われる仏様です。東大寺の宗派は華厳宗であり真言宗ではありませんが、盧遮那仏は大日如来と同じように世界そのものを表す中心的な存在として扱われています。

    東大寺 公式サイト
    https://www.todaiji.or.jp/

    大日如来の真言

    真言とは
    サンスクリット語「マントラ」を訳したもので「仏の真実の言葉」と解釈でき仏の教えがこもった言葉だといえます。
    マントラとは
    心を意味する「manas」、守る・解放を意味する「trāṇa」という2つの言葉が組み合わさった言葉です。

    大日如来の真言は、「金剛界」と「胎蔵界」でそれぞれ異なります。

    金剛界とは
    密教で、大日如来のすべての煩悩(ぼんのう)を打ち破る強固な力を持つ智徳の面を表したもの。
    真言:オン・バザラ・ダト・バン
    胎蔵界とは
    金剛界に対して大日如来の理性の面を表したもの。仏の菩提(ぼだい)心が一切を包み育成することを母胎にたとえたもの。蓮華(れんげ)によって表象する。
    真言:ナウマク・サンマンダ・ボダナン・アビラウンケン

    金剛界大日如来の真言を唱えれば、願望成就に必要なあらゆる智慧が授けられます。

    胎蔵界大日如来の真言を唱えれば、森羅万象への慈悲の心が芽生え、自他ともに愛をもち優しく接することができます。

    森羅万象(しんらばんしょう)とは
    天地間に存在する、万物(数限りないすべてのもの)や事象。
    ”森羅”は樹木が限りなく茂り並ぶ意でたくさん連なること。 ”万象”はすべての形あるもの、有形のもの。

    大日如来と他仏様との関係

    あらゆる仏様は大日如来の化身とされています。

    様々な仏様がいますが、今回は不動明王と阿弥陀如来という代表的な二尊と大日如来の関係を紹介します。

    大日如来と不動明王

    迫力があり怒ったような顔立ちの不動明王。慈愛に満ちた大日如来の化身というイメージが湧きにくいかもしれません。

    なぜ、不動明王は恐い顔をしているの?
    大日如来の力が及ばない人々に対し、真心をもって真剣に救おうとしているため。

    不動明王の姿を実際に見てみると、迫力あるけど怒られている感じはしないはずです。大日如来と同じく根本には愛があるからです。「いやいや怒られている気がする」と感じる方は、心のどこかに何か罪悪感を持っており、不動明王がそれを気づかせてくれているのかもしれません。

    大日如来と阿弥陀如来

    阿弥陀如来と大日如来の関係は師弟関係です。

    密教では大日如来が教主です。対して大乗仏教では、阿弥陀如来が大日如来に悟りの道を示したとされており、阿弥陀如来は大日如来の師匠とされています。

    大日如来は宇宙の真理そのもの

    大日如来のことを知ることで、旅行先での寺院や仏像に出会った際により一層深く楽しむことができると思います。

    大日如来を敬い慈しむということは、人も物も自然も、何もかもを愛し、調和するということ。

    もし不安になったり人生がうまくいかないと感じた時は、大日如来に対して真言を唱えて手を合わせ、広大な視野で物事を捉えて心の安らぎを求めるのも良いと思います。

    目次