2024年の縁起の良い日を確認 →クリック

大安とは。読み方や意味は?仏滅や一粒万倍日との関係性も紹介。六曜の中でも最も良い日

    「大安」といえば、結婚式や結納などの慶事にあてる機会が多い日柄ですよね。

    みなさんのご認識の通り、六曜の中でも最も良い日であるのが大安です。

    この記事では、大安の持つ意味や、なぜ大安と呼ばれるようになったのか、

    やるとよいこと・やってはいけないことをまとめましたので紹介いたします。

    目次

    大安とは

    大安が含まれる「六曜」は、中国の占いが起源といわれています。

    六曜や、十二直(じゅうにちょく)、九星(きゅうせい)など中国発祥の占いで暦に記されているものを総称して「暦注(れきちゅう)」と言います。これらは吉日凶日を表すもので、縁起が良い吉日に祝い事を行い、縁起の悪い凶日は行事を避けるなど、日本でも参考され親しまれてきました。

    暦注のうちの一つである六曜ですが、明治時代では迷信であることを理由に、政府から使用しちゃダメ!とお達しがでていた過去がありますが、いまでも冠婚葬祭の日取り決定の際に考慮する方が多くいらっしゃいます。みなさんの認知度が高く、六曜の中で特に重要視されているのが大安といえるとおもいます。

    大安は「大いに安し」という意味を持っています。「なにを行っても良し」とされており、悪い時間帯もありません。1日中良いことが起こるという意味ではなく終日穏やかで、大きなトラブルは起きないという解釈になります。

    大安の由来

    ”大いに安し”=大安と呼ばれるようになった由来ですが、約二千年前に考案された中国の吉凶占い「小六壬(しょうろくじん)」が影響しています。

    小六壬(しょうろくじん)

    • 将吉(しょうきち)
    • 空亡(くうぼう)
    • 大安
    • 留連(りゅうれん)
    • 速喜(そっき)
    • 赤口     の6つです。

    ”大安”と”赤口”は六曜に同じ言葉としてあることからも、小六壬をもとに六曜はが成り立っていると考えられています。

    大安にやるとよいこと

    やるとよいこと。

    大安は1日を通して悪い時間がなく六曜の中で最良の日です。大安の日にやるといいことを確認していきます。

    結婚式 

    お伝えした通り、大安の日は良いことが起こるというわけではないです。終日縁起が良く1日を通し悪いことが起こらないとされる日ですので、長時間実施される結婚式や披露宴を行うのに適しています

    また、婚姻届の提出や結納など、婚礼関係を行うのが良い日とされています

    みなさん同じ考えですので大安での結婚式場は予約で埋まっている可能性もあり、早めに予約することをおススメします。完全に余談となりますが、結婚式シーズンの春や秋の土日は予約が早く埋まりやすい傾向です。ですので、後で解説しますが、「友引」などの六曜の他日も選択肢に入れといたほうが良いかもしれません。

    お宮参りや七五三 

    七五三は死亡率の高かった平安時代頃に、子どもたちが長生きして幸せで暮らせるよう始まった儀式が起源と言われています。お宮参りは、その土地の氏神様に認めていただくための祝いの儀式とも伝えられています。

    子どもに関する儀式ですので、六曜の中で最も日が良いとされている「大安」を選択したい気持ちになります。しかし、六曜自体は仏教や神道に関連しないため、神社やお寺にお参りする七五三は大安にこだわる必要はありません。

    それでも七五三と大安と週末が重なると、神社やお寺の混雑が予想されます。混雑状況も念頭に置き、みなさまのご都合にあわせて予定を立てると良いと思います。

    引っ越し

    住宅の購入や引っ越しは、人生の中でも大きな出来事の一つです。そのため、日柄を気にして大安を選択する人は多いと思います。何度も言うのように、みなさん同じ考えですので、大安の日は引っ越し会社への依頼が集中することは予想できます。

    他の日取りでいうと、午前中に作業を始めるなら「先勝」、午後からの作業開始であれば「先負」を選ぶなど、日取りの幅を広げることも選択の一つです。

    引っ越し以外にも、家・ビル等の建築の”地鎮祭”棟式の儀式”があると思いますが、これらの日取りにも大安はおすすめです。

    開店や開業、起業

    店の開店や会社の設立、起業でも大安を選ぶ方は多いです。また、「一粒万倍日」「天赦日」などの開運日も大変人気です。

    天赦日は1年で数回あり、吉日の中でもトップで縁起が良いです。「何事も天が許してくれるため、物事を積極的に進めて良い日」といわれております。

    ”大安”と”天赦日”、”一粒万倍日”が重なる日は最強の日です。
    会社の設立や店の開店に最適です!

    納車

    車の納車日に大安を選ぶ方もいます。交通事故が発生しないことを願い、大安の日に納車するのは良いと思います。「週末に納車をしたいんけど、大安の日と重ならない・・・」などうまく日程がハマらない場合は、神社やお寺で交通安全祈願をしてもらう日を大安の日とすることでもよいです。

    お金に関係すること

    大安は終日吉日であることから、宝くじを購入する方も多くいますよね。新しい財布の購入など、お金に関連することを大安の日に行うと金運が上向くという認識は広く浸透しているようです。

    大安にやってはいけないこと

    やってはいけないこと。

    結婚式など慶事をはじめ、大安の日にはなにを行っても良いと言われてる吉日ではあるんですが、避けたほうが良いこともあります。慶事と対照にお通夜や葬儀、法事などの弔事は避けたほうが良いです。

    大安以外の六曜もチェック

    六曜の大安以外の日について簡単に紹介いたします。大安みたいに一日中吉ではなくとも、時間帯によっては吉となる日が存在します。

    友引

    友引は”友人”を”引き込む”という意味です。結婚式では新郎新婦の幸せをお裾分けするという解釈がされている一方で、弔事では”友人を死後の世界に連れて行ってしまう”という考え方がされており、友引には葬儀を行わない風習が浸透しています。

    また、昔の友引は「共引き」とされており、勝ち負けのない引き分けの日という説もあります。

    先勝

    「先んずれば勝つ」という意味の先勝。先勝の”先”は午前中を表しています。よって午前中は吉であるため、午前中に行事をおこなえば上手くいくという解釈がされています。

    先勝の日に訴訟などの大きな事を起こすなら早めに済ませると良いでしょう。結婚式などの慶事は午前中に開始するのがおすすめです。なお午前中の範囲は六曜では14時までで、14時から18時までは凶に転じるとされています。

    先負

    先勝とは対照的に先負は「先んずれば負け」です。よって午後に行動するのが良い日となります。行事を午後から行うと良いですが、重要な契約や訴訟などは終日実施しないほうが良いです。

    先負の日は控えめに・無難に過ごすのが良いと思います。

    赤口 

    赤口の赤は火や刃物を表しています。「火の元・刃物による災いに注意」という悪い日です。なにをするにも避けたほうが良い日ではありますが、一日中悪い日ではなく、吉となる時間帯(11時~13時頃)があります。短時間なのでご参考です。

    仏滅

    仏滅は字面からして凶の日だという印象を持つ方が多いのではないでしょうか。”物滅”とも捉えられ、物が滅びるほどに悪い日とされています。

    思考を変えれば「仏が滅んでも耐えうるほどに強運の日」でもあります。弔事・悪縁を切る・これまでの生活をリセット…など再出発する日に適しているともいえるかもしれません。またあくまでご参考ですが、翌日が大安ですので、午後からは縁起が良くなるという説もあります。

    覚えておきたいその他の吉日

    天赦日

    天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)は「天が万物の罪を許し、あらゆる障害が取り除かれる日」として、日本の暦の上では最高の吉日と言われています。1年に5~6回しかありませんが、一粒万倍日同様、新しいことを始めるのに最適な日とされ、仕事始めや結婚、お財布の新調・使い始めなどにおすすめです。

    さらに、一粒万倍日と重なると相乗効果で「最強の開運日」になるため、ぜひチェックしてみてください。

    一粒万倍日

    一粒万倍日は、日本の暦に古くからある吉日の一つです。この言葉が意味するところは「種籾(たねもみ)一粒から一本のイネができ、このイネから万倍もの数のお米が穫れること」。すなわち「わずかなものが飛躍的に増えること」。この日に始めたことは、やがて大きな成果を上げると考えられることから、一粒万倍日は「何かを始めるのに最適な日」とされています。

    寅の日

    寅(とら)の日は、「金運招来日」とも言われ、特に金運に縁のある吉日とされています。寅は一日で千里の道を往復できる、という云われが転じて、「出したお金がすぐ戻ってくる」日と考えられているためです。お財布の新調や使いはじめ、宝くじ購入、貯金などお金に関することに向いているでしょう。寅の日は干支(えと)をもとに12日ごとにめぐってきます。

    巳の日・己巳の日

    巳(み)の日は、寅の日と同じく十二支にまつわる吉日で、12日に1度訪れます。蛇は金運・芸術をつかさどる弁財天という神様の使いのため、金運が気になる人はこの日にお金や財産に関係することを行うとよいとされています。お財布の新調や銀行口座開設などをするとよいでしょう。

    巳の日に十干の「己(つちのと)」が重なる己巳の日(つちみのひ)は60日に一度しかめぐってこず、特に縁起がよいとされています。

    大安・友引

    大安(たいあん)・友引(ともびき)は日にちの吉凶を占う六曜の吉日で、6日に1回めぐってきます。大安は「大いに安し(やってはいけないことがない)」という意味で、六曜の中では最も縁起がよく、冠婚葬祭におすすめの日です。

    一方友引は「引き分け」を意味し、朝晩が吉、昼は凶とされています。「友を引く」という意味から、慶事には適しているものの、葬儀などの弔事は避けた方が無難でしょう。

    大明日

    大明日(だいみょうにち)とは歴注の1つで、「天地が開け、太陽の光が隅々まで照らす」という意味を持つ吉日です。引っ越し・旅行など移動にまつわることや、建築・普請を行うのに縁起がよい日とされています。月に8~16日ほどあるため、レア度は低めでしょう。

    母倉日

    母倉日(ぼそうにち)とは、大明日と同じ歴注の1つで、「母が子に対してするように、天が人を慈しみ育む」日とされています。特に入籍や結婚といった婚姻にまつわることや、引っ越しなどに適した吉日です。月に4~5回あります。

    神吉日

    神吉日(かみよしび)は、最も回数が多い吉日で、月の半分以上が該当します。神事にまつわることを行うのに適した日とされており、たとえばお墓参りや神社への参拝、祭祀を行うのに適しているでしょう。

    天一天上

    天一天上(てんいちてんじょう)は、癸巳(みずのとみ)の日~戊申(つちのえさる)の日の16日間を指し、1年に6回めぐってきます。方角をつかさどる天一神が天上に帰るため、方角の禁忌がなくなるとされています。旅行やお出かけ、引っ越しなどに縁起のよい期間です。

    鬼宿日

    鬼宿日(きしゅくび)は、月が地球を1周する間に通過する28個の星座をもとに吉凶を占う二十八宿の中で、最も縁起がよいとされている吉日です。「鬼が宿(家)にいるため邪魔が入らない」日とされ、婚姻以外であれば何事もうまくいくと言われています。

    天恩日

    天恩日(てんおんにち)は、「全ての人が天からの恩恵を受けられる」とされ、5日間続きます。慶事全般や旅行・引っ越しなどを行うのに縁起のよい期間ですが、凶事に用いてはならないとされるため注意しましょう。天恩日は、年に90日ほどあります。

    月徳日

    月徳日(つきとくにち/がっとくにち)は、その月の神様がいる日のことで、「全てのことに支障がない」吉日です。特に、リフォームや不動産契約を行うと縁起がよいとされています。月に2~4日の頻度で巡ってきます。

    2024年吉日カレンダー

    考え方を変えるだけで、あっという間に開運体質に生まれ変わります。
    ¥1,650 (2024/07/23 09:38時点 | 楽天市場調べ)

    大安を理解し人生豊かに

    暦のうえでは、昔から良い日悪い日が存在します。一番みなさんに身近なもので「大安」や「仏滅」などと思いますので、それ以外に沢山の吉日・凶日が存在します。

    みなさまも何か節目を迎える時は、これらをちょっとだけ意識して行動すると、良き方向に流れが向き、より充実した時間を過ごすことができると思いますのでご参考にしてみてください♪

    目次